胎動が激しすぎるのですが大丈夫?

2015-04-28

こんばんは。少し間が空いてしましましたが・・・

ここ最近、院内ではイロイロな新しい変化が!!

お産後の疲れたお母さんの体に当院から少しだけのプレゼントを。

ということで、3時のおやつで、なかなか大津では手に入らない品を!

ご提案しております。

IMG_4378 IMG_4388

母乳との関係もあるので甘いものはほどほどに!!

今後、木下産婦人科は食事に相当気合をいれて取り組んでいきます!!

写真が揃い次第、HPでもどんどんアップしていきますのでご期待下さい!

では・・・ご質問の当院お答えです。

Q.胎動が激しすぎるのですか?

 

胎動が激しいということは、胎児が元気な証です。

通常、胎児に何かあれば胎動は減少します。

胎動が激しいということだけでデメリットになることはありません。

 

胎動によって臍帯を巻き込んでしまう(臍帯巻絡)ことがおきると言われますが、

生まれてくる赤ちゃんの3人に1人はどこかに臍帯が巻いて生まれてくるものです。

このような赤ちゃんが分娩に際し異常経過をたどる可能性は高くありません。

 

ただし、

2回以上・首などに巻絡を認める場合は、

分娩に時間がかかったり、一時的に胎児が苦しくなることがあります。

超音波検査によって、分娩前に巻絡の診断をしておくことが大事です。

 

たとえ巻絡があると診断されても、分娩時に胎児心拍モニタリングを行うことによって問題があればそれに素早く対応することができます。

 

PAGE TOP