木下産婦人科のホームページが新しくなります!
新ホームページはこちら ⇒ http://ivf-kinoshita.com

抗精子抗体

まず抗体とは??

抗体はこんな形をしています。

簡単にいうと、体外の異物が体内に入ってきたときに作られる物質。

これで、異物を攻撃して体を守っています。

これを免疫といいます。

この正義の味方であるはずの抗体がたまに嬉しくない反応を示すことがあります。

精子は女性の体にとっては異物です。

sexにより女性の中に精子が入ると、それに対する免疫反応が起き、精子に対する抗体ができることがあります。

これを抗精子抗体といいます。

つまり、これができると妊娠に必要な精子を攻撃してしまうのです。

この抗精子抗体は男女とも不妊症患者の約3%でみつかっています。

抗精子抗体が作られ不妊症で悩んでいるのは一部の人であって、どうしてその一部の人だけに抗体ができるかはまだわかっていません。

検査方法

抗精子抗体の検査は、血液検査で可能です。

この検査はまだ保険適応が認められていないため自費となります。

抗精子抗体陽性の治療について

以前は・・・

などが行われていましたが、現在では統計的には否定的であり、現在の主流となる治療ではありません。

人工受精での妊娠報告もありますが、妊娠率はかなり低くなります。

★現在は体外受精(顕微授精)が最も有効な治療方法とされています。

ここからはより詳しく知りたい人ために。

抗精子抗体には、抗精子凝集抗体抗精子不動化抗体があります。

抗精子凝集抗体には、精子の頭部と頭部をくっつける抗体、精子の頭部と尾部、精子の尾部と尾部をくっつける抗体があります。

これにより大きな精子の凝集塊を作ってしまうため、子宮内への進入が妨げられてしまい、妊娠が成立しません。

抗精子不動化抗体とは、精子の尾部(精子の尻尾)に働き、精子が触れた途端に、その運動を止めてしまうものです。

運動性のない精子には自力での受精能力はありませんので、妊娠は成立しません。

産科のご案内

婦人科のご案内

不妊治療のご案内

小児科のご案内

検診のご案内

4D超音波のご案内

PAGE TOP