月経困難症(生理痛がひどい)

生理が始まってから、ずっと生理痛がひどくて生理になる前から不安やイライラがおさまらない方が多くいらっしゃいます。

生理痛に関しては皆が痛いからという理由で放置される方がほとんどでしょう。

しかし、正常な生理痛なら、ほとんど痛くないことが多いです。

鎮痛剤を飲まないと生活できない、生理中は仕事ができないなどの場合は・・・

病気によって痛みが出ている場合が多くあります。

月経困難症は大きく分けて、機能性と器質性と二つに分類されます。

簡単に言うと、病気ではないのに痛い場合と病気で痛い場合です。

機能性:特に病気がないけれど、生理痛がひどい場合

特徴:

年齢と共に症状は軽くなっていきます。

生理が始まる小学校・中学校が一番つらい。

器質性:生理痛の原因となる何らかの病気を持っている場合

例:

子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症など

特徴:

10代・20代・30代と年齢と共に生理痛が増してきます。

生理痛がある場合に、ただの生理痛と思わずに、一度生理痛の原因を調べる事が大事です。

御自身の体と人生を大事にしていく為にも、一度御自身のお腹の中の状況を

チェックしてみて下さい。

ちなみに・・・子宮内膜症について・・・

生理痛の原因となる子宮内膜症は女性特有の病気でありながら、病気の重要性や認知度が低いゆえに、婦人科を受診せず痛みを我慢してさらに痛みが悪化して重症となる女性が少なくありません。

また子宮内膜症は不妊症の一因となります。

子宮内膜症に関しては、とても大事なので別項目で再度説明していきます。

産科のご案内

婦人科のご案内

不妊治療のご案内

小児科のご案内

検診のご案内

4D超音波のご案内

PAGE TOP