子宮内膜症・内膜症性嚢胞 (チョコレート嚢胞)

子宮内膜症は子宮内膜が子宮内膜以外の場所で増える疾患です。
生殖年齢女性のおよそ10%に発生すると言われます。

○主症状

生理痛 (月経困難症・性交痛)

不妊症
子宮内膜症患者の30〜50%は不妊を合併すると言われています。

○イメージ図

子宮腺筋症

診察でよく質問されるのでここでお答えしておきます。

Q 子宮内膜症? 内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)?

同じ様に使われますが、少し違います。
卵巣にできた子宮内膜症をチョコレート嚢胞と呼びます。
卵巣に古い血液が貯留し、見た目がまさにチョコレート色に見える事からこのように呼ばれます。

診断するには、手術で卵巣を切除し、そこから子宮内膜症細胞を認めれば診断できますが、診断のために手術をすることはほとんどありません。

実際には超音波やMRI等の画像より診断し治療に入ります。

Q 子宮内膜症と癒着?

癒着:簡単に言うと、モノとモノがくっつくことです。
内膜症は ”のり” みたいにモノとモノをくっつけてしまいます。

お腹の中で言うと・・・
子宮と卵巣・卵管と卵巣・腸と卵巣・腹膜と卵巣などがくっついてしまいます。
これが、不妊症や腹痛の原因になっていることが多くあります。
しかし、癒着の診断も実際に手術でお腹の中を見てみない事にはわかりません。

つまり・・・
内膜症がある場合は癒着しているかもしれないな!
と考えながら治療をすすめていくことが大事です。

Q 子宮内膜症と卵子の質?

チョコレート嚢胞の存在が卵巣機能に影響を及ぼすか否かはまだ統一した見解がありません。

しかし、子宮内膜症が妊娠をさまたげること、不妊の原因となることは多くの報告で示されています。

Q 子宮内膜症・チョコレート嚢胞の治療について?

◆挙児希望のある方へ
  • 鎮痛剤
  • 漢方
  • 手術
〜チョコレート嚢胞に対して嚢胞核出術〜

内膜症成分がたまっている卵巣内の袋をとってくる手術があります。

痛みに関しては手術が根本的な治療となります
が・・・
不妊治療としての効果については多くの議論があるところです。

手術することで妊娠の可能性を高めるという報告もあれば、手術をしてもしなくても妊娠率に差はないとする報告もあります。

最も考えなければならないのは、
手術をすると正常の卵巣部分が一部損傷するため、卵巣の機能が低下する可能性が高いということです。
手術を選択する場合は内膜症の状態と、痛みの程度、手術による卵巣機能が低下する可能性などを総合的に考えないといけないのです。

◆挙児希望のない方へ
ルナベル・ヤーズ
このお薬は少量の女性ホルモン配合薬です。 女性ホルモンの体内分泌をなだらかにする作用があり、排卵をおさえ卵巣や子宮を休ませます。 生理が軽くなり、月経困難症の痛みが緩和されるのです。 子宮内膜症の活動が低下し、病巣の拡大・悪化を防ぐ効果も期待できます。
ディナゲスト
新しいタイプの子宮内膜症治療薬です。 黄体ホルモン(プロゲステロン)の受容体に作用します。 従来からの薬と比べ、作用がおだやかで比較的副作用が少なく、 長期使用(1年)においても有効性と安全性が示されています。 女性ホルモンを必要以上に下げないので、更年期様の症状が起こりにくく、骨を弱める作用はほとんどないとされています。
手術

最後に・・・

チョコレート嚢胞の場合、卵巣がんの合併も考えないといけません。

年齢やチョコレート嚢胞の大きさ・性状などから卵巣癌が疑われる場合は、すぐに手術のできる婦人科をご紹介させて頂きます。

産科のご案内

婦人科のご案内

不妊治療のご案内

小児科のご案内

検診のご案内

4D超音波のご案内

PAGE TOP