木下産婦人科のホームページが新しくなります!
新ホームページはこちら ⇒ http://ivf-kinoshita.com

子宮卵管造影検査

(はじめに)

子宮卵管造影検査は、自然妊娠をする上で精子と卵子また受精卵が通るただ一つの通路です。

この卵管が原因となり、不妊となるケースが多くあります。
(卵管因子)

不妊治療では

  • クラミジア感染症などで卵管の内側が閉塞している場合
  • 子宮内膜症などで排卵した卵子をしっかりキャッチできない場合
    (ピックアップ障害)

これらの可能性は常に考えておかないといけません。
どれだけ良い卵子、精子、受精卵があっても、その通り道がふさがっていたら妊娠はできません。

タイミングや人工授精を実施する前に、なるべく早い段階で卵管検査することをおすすめします。

木下産婦人科での流れ

  • 生理が終了した時点で受診して頂きます。
  • 子宮内に造影剤を注入するための細い管を入れ、超音波を見ながらその管より造影剤を注入していきます。
  • 超音波での検査のため、時間も短く、放射線を心配することなく安心して検査する事ができます。
  • 検査は約5分〜10分で終了です。
  • 検査後もすぐに普段の生活をとることができます。

Q. 卵管の検査は痛いですよね?

よく患者さんから質問されます。

A. これについて説明しておきます。

卵管検査で痛みが出現するのは次のポイントです。

  1. 子宮内にチューブを固定する時
  2. 造影剤を注入する時

木下産婦人科の対応

  1. 一般的には子宮や頚部(子宮の入口)で管についている風船を膨らませて固定するのですが、ここが一番痛いです。
    当院では風船を使わずに固定する管を使用していますので、この痛みは全くありません。
  2. 造影剤は必要最少量をゆっくり入れないと痛くなってしまいます。
    当院では超音波下での検査になるので、リアルタイムに子宮、卵管の状況を把握する事ができ注入量も少なくできます。

不妊治療を頑張ろう!という気持ちを、最初の検査で台無しにしない為にも最大限に精神面も配慮して対応しています。

産科のご案内

婦人科のご案内

不妊治療のご案内

小児科のご案内

検診のご案内

4D超音波のご案内

PAGE TOP